たかがニキビ、されどニキビ

家を売るのは父でした

父が苦労して手に入れた家です。父が頑張って働いて手に入れた家なのです。そんな家を父が売ろうとしています。私はこの話を聞いた時、嘘だと思いました。まさか父が、この家を売ろうとしているなんて思いませんでした。でも父が家を売る事を、第一に考えているのです。
父は一戸建ての家よりも、最近ではマンションに住みたいと言うようになったのです。庭がないとだめだ、と言って購入した家なのにそれが今では大きなバルコニーが欲しいと言っています。私は悲しいです。
対応上手な家を売るサイトをお探しならココです
父がそんなことを思っていたなんて、とても悲しいのです。でもこれは父が決めた事です。私も母も、父には何も言えません。父が手に入れた家なのです。だから父が決めた事には従わないといけません。
せっかくお花をいっぱい植えて綺麗にお花畑を作ったのです。でもこの庭も、もう不要なのです。これ以上綺麗にしても、意味がありません。この家を売るのです。これは父が決めた事だったのです。