どもりによって起こる自己評価と他人の評価

どもりによって起こる自己評価と他人の評価

どもりって辛いです。私も少しあるので気持ちが分かります。悩む前にどもり 原因ならこちら!
私の場合は特にまとまった文章を話すのがとても苦手なため、そこでどもりやすいのです。普段の会話でも何かを説明しようとなると、どもります。伝えよう、伝えようと気持ちが先行してしまい、軽くパニックになってしまうからだと思います。自分でもよく分かっているだけに気をつけてはいるのですが話すことはなかなか直すことができず、相変わらずなまま、です。情けないなと思うし、それが自分の評価にも繋がってしまうのでどうにかして直したいなとは思っています。仕事面ばかりでなく、やはりどもりがあると、人から馬鹿にされるように感じるからです。どもる人の多くはどもっている自分のことを分かっており、情けなく思っていたり、恥ずかしく感じていることがほとんどのように見えます。そのため、総じて声が小さくなってしまいがちです。その場合、相手からも小心者のように感じられるし、また自己評価も低く見積もっていると思うのです。どもりは自分の性質ですのでどうにかそれを克服して、自信を持って生活していければいいのになと常々考えています。まずはどもり 原因ならこちら